お知らせ一覧

【FXの業界や投資の世界はどうなるのかを考えてみた】4月14日のトレード結果

こんにちは

カニトレーダーです

本日もお忙しい中当記事をご覧頂きありがとうございます(^^)

「4月14日のトレード結果」です

上下に揺れる状況で矢印も頻繁に変わり謎オーダーも少々出る。

オーダーを取りに行くという感じもそこまで無く今週は難しいなと感じます。

どの通貨も方向感が見えにくいですね、ある程度の範囲で上下に動いている感じで何か材料を待っている感じです。

こういう時に何か指標があるとある程度はかき乱してくれるのですがそこまで大きな指標も無いので、今週終わりまではこの状態が続く可能性もありそうですね。

【現在のポジション】
ポンドドルS

【今後の狙い】
無し

【収支】
通常0円
EA+3,599円(自動売買ボタンオフになっており、ドル円5pipsほどずれあり)

【余談】

ビットコインが700万を突破してますます過熱している感じですね

FX関連の人も徐々に仮想通貨にシフトしている感じがします。

私自身はまだ一切やっておりません、金とか原油と同じなのですがわからないものにあまり手を出せないので…

利益が出ている方はおめでとうございます(^^)

自分の投資信念的にあるのは「統計的に算出できるもの」をモットーとしているので、出来る限りはメジャーなものでやった方が良いかなーと思っています。

今は米国株やインデックスファンド、ETFなどに挑戦しています。

今SBI証券や楽天証券などの口座数が非常に伸びています

このSBIや楽天と共通するのは米国株の取り扱いです。

米国株は日本では主に SBIと楽天とマネックス の3社が取り扱っています。
(小規模でやっているところはありますが、やっている感はこの3社がメジャーです)

私自身全部の証券会社でやっているのかなと思いましたが、意外と少ないイメージでした

ここが伸びているので、私自身も少し遅いくらいですが流行ってくるのではないかなと思います。

実際に現金よりは良いかなと思っています。

今後の予測として

・FIREという言葉が浸透
・若年層が貯金からETFやインデックスの積み立てを始める
・日本人の米国株投資が進む

という感じで予想しています。

なのでこの先の事を考えると

1.仮想通貨組へシフト
2.米国株、高配当株長期保有、ETFやインデックスファンドでの積み立て

という感じが将来的にはもっと伸びてくるのでは無いかなと思います。

逆に

・FXから日本株へシフト という人口はそこまで増えないかなと思います。

肝心のFXの市場は

市場参加者は横ばいかなと思います。

新規の口座開設者は右肩上がりですが、アクティブユーザーは横ばい
(イメージとしては新規で50人開設するが50人FXを辞める)

つまり新規口座数は増えますが、FX人口的には同じくらいの人数が出入りしているイメージです。

あとはもう一段自動売買の市場は伸びるかなと思います。

年々アルゴリズム、AI、自動取引、ちょっとマニアックで行きますとフラッシュ取引など様々な部分が自動化されています。

どんどん市場自体も自動化?のような動きに見受けられますね。

要人発言で上に一瞬大きく吹いたあとにすぐに戻る
指標で大きく動いたけど全部戻る、むしろ戻った以上に…

というシーンもアルゴや自動取引が関係しているのかなと思います。

噂では一時期 「追加緩和」 のワードのニュースや発言を拾い売買する なんてシステムの噂もありました。

個人レベルでもFXは自動売買の比率の方が上がってくると思います。

理由としてはやはり

裁量でやるとすると
・チャートを見続ける必要がある
・考えることが多くなる
・時間的拘束

などいろいろな意味でFXが時に「重労働」になってしまう部分もあります。

そこを効率化するために、今後どんどん何らかの形で自動化という部分は進んでくるかなと思います。

まだまだ自動売買というと詐欺、インチキというイメージもあるかも知れません。

しかし、時間効率の向上に関しては非常に良いものだと思いますのでもしご自身のロジックが自動化出来るのであれば自動化しても面白いかもですね。

今後の投資業界はどうなるのか!?はもちろんわかりませんが、どんな手法や投資対象でも

資金管理とメンタル的に無理の無い範囲で

ということは忘れずに行きましょう(^^)

以上

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました(^^)

特典付き口座開設はこちら

PAGE TOP